3名で27店舗を接客。自遊空間の無人化を実現するデジタル活用とは

クラウド録画サービスシェアNo.1(※1)のセーフィー株式会社(東京都品川区:代表取締役社長CEO 佐渡島 隆平、以下「セーフィー」)と遠隔接客サービス「RURA」を提供するタイムリープ株式会社(東京都千代田区:代表取締役 望月亮輔、以下「タイムリープ」)は、デジタル活用による店舗の無人化・省人化の実現方法について事例を交えて紹介するオンラインセミナーを、2022年7月29日(金)に共催することをお知らせします。

開催の背景

人手不足や働き方改革に加え、新型コロナウイルス感染症拡大など、社会的な環境変化を受け、店舗を持つ企業の多くが従来の接客や店舗の姿から大きく舵を切る転換点に立っています。新しい店舗運営の姿として、無人化や省人化が進む中で、顧客の体験価値を高め、リピート利用につながる取り組みが重要視されていきます。

今回のオンラインセミナーでは、店舗運営の最新潮流や無人化・省人化を実現するためのデジタル活用について、複合型インターネットカフェ「自遊空間」を運営する株式会社ランシステム様をゲストに迎えて開催します。当日は、顧客満足を維持しながら3名で27店舗を運営する具体的な手法についてお話頂きます。

(※1)テクノ・システム・リサーチ社調べ「ネットワークカメラのクラウド録画サービス市場調査」より、エンジン別カメラ登録台数ベースのシェア(47.5%)

対象

・現在の店舗運営に課題を感じ、デジタルを活用し現状を打破したい

・新たに無人店舗の出店を検討している

・店舗の省人化を推し進めたいが、具体的な方法を模索している

・店舗運営について最新情報を収集している

・自遊空間が実現する運営手法に関心がある

開催概要

・開催日時:2022年7月29日(金)14:00-15:30

・参加:無料

・内容(予定)

①店舗運営の最新潮流について

②自遊空間で実現した店舗無人化 〜 27店舗を3人で運営する秘訣とは〜

③登壇者ディスカッション

④質疑応答

・申し込みURL https://info.safie.link/seminar/20220729_Timeleap-rura/?utm_source=pr&utm_medium=display&utm_campaign=220729webinar

・開催方法:Zoom

登壇者(敬称略)

・株式会社ランシステム システム外販部 部長 黒澤一秀

・セーフィー株式会社 第1ビジネスユニット 営業部 執行役員 永沢篤

・タイムリープ株式会社 代表取締役 望月亮輔

■遠隔接客サービス「RURA」とは

 

インターネットを通じて店舗の接客を遠隔地から行なうことができるサービスです。対応スタッフが画面に表示される対面接客や、アバターを通しての接客などを選択できます。少人数で多拠点の接客ができる点に大きな特長があり、約30店舗の受付を3名で実施している例もございます。

接客の一部を自宅など遠隔地から行うことで、新型コロナウイルスへの感染対策はもちろんのこと、店舗運営の効率化や、接客業における新しい働き方の実現が可能となります。

・RURAのイメージ動画:https://www.youtube.com/watch?v=BjCzqX1n_IM

・RURAの詳細:https://timeleap-rura.com/

クラウド録画サービス「Safie」とは

Safie(セーフィー)はカメラとインターネットをつなぐだけで、いつでもどこでも映像を確認できるクラウド録画サービスシェア No.1のサービスです。

「映像から未来をつくる」というビジョンのもと、人々の意思決定に映像をお役立ていただける未来を創造し、企業から個人まで誰もが手軽に利用できる映像プラットフォームを目指しています。

我々は「映像データであらゆる産業の”現場”をDXする」というビジネスコンセプトを掲げ、小売り、土木・建設、製造、医療などのあらゆる現場のDXを率先して推進しています。

 

セーフィーはデータガバナンスに関する取り組みを下記指針に遵守し啓発活動を行っております。

・データガバナンスに関する取り組み

https://safie.co.jp/csr/advisoryboard/

・データ憲章(2022年4月1日発行)

https://bucket.safie.link/pdf/csr/advisoryboard/safie_data_charter_JP.pdf